札幌 桑園の子育てママによる、子育てママのための英語教室

バレンタインデーにおすすめ♡親子で「大好き」を伝える絵本

ついこの間、年が明けたと思ったら
節分も過ぎ
あっと言う間にバレンタイン♡

身近な人へのLOVEを伝えるこの行事。

皆さんはちゃんと伝えていますか?

うちの小1の三女は毎日のように「ママ大好き♡」と言ってくれます。
なので私もその度に大好き返しをしています♡
そして、小5・中2の娘もたま~に言ってくれます(笑)

私の英語の先生はアイルランド人なのですが、
「日本人はハグしないの?」と聞かれたことがあります。

「子どもとはハグするけど、小学校低学年くらいまでかな?」
と答えると

「へえ~寂しいね。欧米では死ぬまでハグするよ。」
という衝撃の答えが返ってきました。

はあ~そうなのねぇ。

それを聞いてから、機会があれば中2・小5ともハグするようにしています。

二人とも私とほぼ身長が同じなので、
やや、いやかなり、違和感ありますが(笑)

この先も続けていきます。

さてさて、日本人にとって身近な人と「ハグする」「大好きって伝える」ことはなかなかハードルが高いですよね!!
そんな時は、絵本の力を借りましょう♪

先日、Rhymoe®の絵本読み聞かせ講座で読んだ2冊の本。


まさに、LOVEを伝えたい親子さんにぴったり♡

先生の声だけでなく、ぜひママの声で読んであげてくださいね!!!

I Love You Through and Through

一冊目の絵本はこちら♡

ぷっくりとした表紙の絵本。
イラストがとってもかわいらしく、見ているだけでも心が温かくなります。

どんな絵本?

「あなたのことがぜ~んぶ大好き」というタイトルの絵本。
Through and Throughは「ぜ~んぶ」という意味。

「頭の先からつま先まで
笑っている時も、キーってなっちゃった時も
すべてひっくるめて、ぜ~んぶ大好き♡」

という母の無償の愛が描かれています。

実際、そう思えない時も多いですけどね(笑)
イヤイヤ全開のお子さんの前ではママのイライラもMAX。

しかし、三人目になると、とってもよくわかります。

かんしゃくを起こしてモンスターのように暴れている時も
どうでもいいようなことでギャンギャン泣いている時も
めっちゃかわいい。

だって、今だけだもんね。

生きてるだけで100点満点。
笑ってくれてありがとう♡

次女が家じゅうのクッションとシーツに
マッキーで落書きしたことも
今では伝説。
いい笑い話です(笑)

レッスンにくるお子さんたち。
イヤイヤ全開のお子さんもよ~く見かけます。

「帰るよ」といっているのに、靴どころか靴下を履かない子
うまく履けない靴を自分一人で履くと言い張る子
(だいたい左右逆に履きますよね 笑)
謎に走り回る・謎に泣きまくる子

いろんな場面に遭遇しますが、
ぜ~んぶかわいい♡

日中時間帯にイライラが止まらないママさんも多いかもしれません。
だけど夜には、
毛布にくるまって眠るお子さんを眺めて
“I Love You Through and Through”
と感じるはず♡

そんな愛で心がぽかぽかしている時にも、
イライラで愛を忘れかけている時にも(笑)、
読んでほっこりして欲しいのがこの絵本。

お子さんへの愛を再確認できますよ♡

どう読むの?

レッスンでは、弾むような英語のリズムをキープしつつ、ゆったりと読むように心がけていますが、お家で読むときには、ママのそのままの気持ちを込めて読んであげればOKです♡
読み方がわからない方はこちらの動画を参考にしてください。

レッスンではさらっと読んで次の活動に移りますが、お家では親子でコミュニケーションをとりながら、一つ一つの場面を味わって読んでもらえるといいですね。

親子で読んでいる動画もご紹介します。
相棒のくまちゃんの動きや表情もかわいらしい。
お子さんがいろんな発見をしてくれると思いますよ♪

Rhymoeの選ぶ絵本12冊(0‐1歳向け)にもリストアップされているこの絵本。

今月はベビークラスで読む予定です。
お楽しみに♡

TIME for a HUG

二冊目はこちらの絵本。

Amazon | Time for a Hug (Snuggle Time Stories) | Gershator, Phillis, Green, Mim, Walker, David | Personal Hygiene

うさぎの親子が愛らしい♡
やや長めの絵本です。
Rhymoeのおすすめ英語絵本にも入っていて、推奨年齢は4~5歳となっています。

どんな絵本?

うさぎさんが朝起きてから夜寝るまでの一日が描かれています。
朝は身支度をしたり・・・
お昼はお外で遊んだり・・・
夜はお風呂に入ったり・・・

一日の中でママが子ウサギちゃんに何回も
何をするか聞きます。

それに答える形でお話が進んでいきます。

読み方のポイント

この本の盛り上がりポイントは、もちろん
タイトルにもなっている“Time for a hug!”
の部分。

ママが
“What time is it?”
と聞いたとき、

答えは必ず
“Time for a hug!”(ムギューの時間!)

「待ってました!」のムギュータイム♡
絵本の中で4回登場します。

“What time is it?”が出てきたときのワクワク感。
たまりません♡

読み方のコツ

ワクワクポイントはわかりましたね♪
“What time is it?”では「くるぞくるぞ~」という雰囲気を醸しだし・・・

“Time for a hug!”で思いっきりハグする♡

そして、それ以外の部分はやや長めの文章なのですが、韻を踏んだ詩の形式になっていますので、軽やかにリズミカルに読んでいき、“Time for a hug!”の部分と緩急をつけていくといいですよ。

どう読んだらいいの?
というママはYoshimi先生の朗読を参考になさってください。

レッスンで読むのもいいけれど、やっぱりママにじっくり読んで欲しいですね♡
日常生活で使う英語表現も満載の絵本なので、親子英語表現の参考にもなりますよ♪

HUGは大事!いっぱいHUGしてね♡

みなさ~ん、ハグしていますか???
ハグの効果は科学的に証明されていますよ。

心を安定させるハグの効果 毎日十分に得る方法は?
あなたは、十分にハグをしているだろうか?世界でも有名な家族セラピストのバージニア・サティアが「私たちは生き残るために1日4回のハグが必要だ。調子を整えるには1日8回のハグが必要だ。成長のためには1日12回のハグが必要だ」と語ったのは有名な話

心と体の健康のために、一日最低でも4回ハグしましょう!!!
2月のレッスンの最後に必ず歌うのはこの歌!
“Four Hugs a Day”

 

歌に合わせてハグする親子さんの笑顔。
見ているこちらもうれしくなります♡
オンラインレッスンの時には、お気に入りのぬいぐるみをハグするお子さんもいて、とっても癒される~♡

みなさんも、絵本で・歌で・親子でたくさんハグしてくださいね♡

英語の先生たちは是非、Rhymoeの絵本読み聞かせ講座を受講してください!
一時間半の講座で読み方がぐっと変わりますよ~♡

ママ向けの講座もありますので、お子さんにかっこよく英語絵本を読んであげたいママはぜひご受講ください♡

レッスンのお問合せ

Mulberry Kids Englishではたくさんの歌や絵本を題材に親子一緒に楽しみながら英語の土台を作る活動を行っています。

4月からの習い事をご検討されている親子さん、
数ある幼児教育の中でも、Rhymoeは最高ですよ~♪

英語力・コミュニケーション能力・運動能力・音感・・・
あらゆる能力の土台作りが期待できます♡

各クラスの案内もご覧ください。
3/29には体験会も予定しています♡
(詳細はまたお知らせします。)

ベビークラス

トドラークラス

キッズクラス

ジュニアクラス
(現在準備中のため詳しくはお問合せください。)

オンラインレッスン

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました